妊娠するための体づくり【裏情報】

妊娠するための基本情報はこのページの下の方に掲載していますので、必要な場合にはそちらをご覧ください。
ここでは一般では知られていない裏情報をお伝えします。

絶対に妊娠したい!という場合の方法

子宮を温める

子宮を温めることで、妊娠効果を高めることができます。

 

具体的には「よもぎ蒸し」のお店などは不妊治療に良く、妊活中の女性が多く通っています。
体を芯まで温めて、巡りを良くするので、女性の体にはとても良いとのことです。

 

また、同じ理由でホットホガも妊娠したい女性にオススメです。
子宮も含めて体の芯まで温まりますし、健康にも良いので妊娠しやすい体を作ることができます。

 

ホットヨガの場合はホットヨガLAVAの店舗数が圧倒的に多く、全国各地にありますので通いやすいです。
また、初回1000円と安いので気軽に試すことができます。

 

 

めぐりを良くする

巡りを良くすることで、妊娠しやすい体にすることができます。

 

ただ「めぐりを良くする」と言っても自力では難しいので、上記のホットヨガやサプリメントの力を借りる必要があります。

 

現在では江崎グリコのαGヘスペリジン美めぐり習慣など「めぐり専用商品」も販売されています。

 

 

基礎体温を上げる

あと、やはり基礎体温を上げることは極めて重要です。一般的に言われていることの中でも「妊娠しやすい体」を作るためには必須事項です。

 

上記のαGヘスペリジンの他、高麗人参が基礎体温を上げるために高い効果があります。

 

ただ、その強力な高麗人参の7倍ものパワーを持つと言われるのが田七人参です。
高麗人参よりも更に高価ですが、健康面も含めてその価格以上の価値を感じます。

 

 

添加物を子宮に溜めない

女性の場合、添加物が子宮に溜まりやすいため、注意が必要です。
注意と言っても添加物を子宮に溜めない方法があるわけではなく、食事や飲み物に気を付ける必要があります。
可能な限り「天然」や「オーガニック」のものを摂るということですね。

 

シャンプーやリンスに気をつける

シャンプーやリンスは基本的に合成ですので、天然ものを使用します。
実際、「シャンプーリンスを気をつけている!」という妊活中の女性は多いです。

 

ヘアカラーやパーマはしない

ヘアカラーやパーマが成分的にも妊活に良くないのは何となく分かるかと思いますので、頭部ですので、特に気を付けたいです。

 

炭酸は飲まない

妊活中にお酒は飲まないという女性は多いと思いますが、盲点は炭酸です。
炭酸も良くないのはお分かりかと思いますが、炭酸水は鉄分の吸収を妨げるため、特に注意が必要です。

 

ジンクスを信じてみる

これは自己暗示のようなものなので特殊ですが、「妊娠しやすいジンクス」を信じてみるのもいいと思います。気分的に違いますので。
例えば「妊娠している女性が握ったおにぎりを食べると妊娠する!」といった話もありますので、試してみるのもいいでしょう。
病は気からと言いますが、妊娠も気からといった面があるかもしれません。

 

国が推奨している葉酸サプリ

最後に、妊婦にとって重要な葉酸サプリですが、妊婦だけではなく「妊娠したい女性」にとっても重要です。
妊娠中は合成葉酸でもいいのですが、妊娠前(妊活中)は天然葉酸がベストです。
妊娠しやすい体になるためにも国が推奨している葉酸サプリは早めに摂取しておいた方がいいです。

 

また、意外と盲点なのが夫の葉酸サプリの摂取です。

 

妻がいくら頑張っても夫側に問題がある可能性がありますので、妻の妊娠前は夫も葉酸サプリを摂取するのが極めて重要です。

 

葉酸サプリについては数多くの葉酸サプリがありますが、妊婦にはベルタ葉酸サプリが人気です。

 

ただ、妊娠前は「天然」「オーガニック」にこだわる必要がありますので、妊活中の女性(男性にも)には「オーガニックレーベルの葉酸サプリ」がベストです。
楽天市場の葉酸サプリ部門で第1位を獲得するなど、既に妊活中や妊娠中の女性に大人気です。

 

 

妊娠するために重要なこと

以上、妊娠しやすい体作りについて見てきましたが、重要なのはどれか一つではなく、総合的に考えて妊活をすることです。
運動だけでも食事だけでもダメですので「運動」「食事」「めぐり」「体温」「葉酸サプリ」「メンタル」を総合的に考えて、妊活する必要があります。

 

特に年齢が上がれば上がるほど、妊娠しにくくなりますので、『総合的な妊活』の考えがより重要になります。

 

夫の妊活協力も含めて、どれか一つではなく複合的な妊活で妊娠を目指すことが何よりも重要です。

妊活110番

妊娠したい場合、ただ子供が欲しいと願っていたり、
普通に夫婦の付き合いをしているだけでは妊娠できない場合もあります。

 

不妊治療という方法をしても妊娠出来ない場合もありますが、
妊娠しやすい生活週間を心がけることは、妊娠の第一歩ともいえます。

 

妊娠したい場合には、

 

  1. 基礎体温をつける
  2. 適度な運動をする
  3. 食生活を整える
  4. ストレスの少ない生活をする
  5. 体を冷やさない
  6. 良質な睡眠をとる

 

ということが大切です。

基礎体温をつけてグラフにすることで、
月経周期の低体温期と高体温期がいつなのかがわかるので、
およその排卵日と周期を知ることができる他、
月経前症候群などが起きた際に、病気による不妊を未然に防ぐことができます。

適度な運動は、血流が良くなり代謝を高めるので、
ホルモン分泌を活性化させて妊娠しやすくなります。

 

ウォーキングやヨガ、ストレッチなどがおすすめです。

 

食事は、栄養バランスを意識して、1日30品目を摂るように心がけます。

 

また、冷たい飲み物や食べ物は、体を冷やす原因にもなるので、
摂りすぎないように心がけます。

 

体を冷やさないようにするには、その他にも、エアコンの温度管理にも気を付けましょう。

 

ストレスは、月経不順やホルモンバランスの乱れによる自律神経の不調に繋がります。

 

睡眠は、量より質が大切です。
冬場は寝る前にお風呂に浸かるなど、体をあたためてから寝ると寝やすくなります。

妊活の内容について

妊活は今女性の間で、とても注目されています。

 

女性にはファッションやグルメなど多くの関心事がありますが、
その中でも今最も関心を集めてりのがこの妊活なのです。

 

最近は、芸能人でもこの活動のために休業する人が多く、
その影響もあり、広く浸透してきました。

 

そのため、女性雑誌でも特集が組まれることが増えてきましたが、
妊活のことを正しく知っている女性はまだそれほど多くはないです。

 

活動内容jについて何となくイメージは持っているけど、
具体的な活動内容は知らないという人がほとんどです。

妊活とは簡単に説明すると、妊娠に関する知識をしっかりと習得して、
それと同時に自分のことを理解し、そして妊娠できるように活動することです。

自分のことというのは自分の身体のことです。

 

妊娠を実現するには、体を整えたり、
生活のバランスを調整することが重要になります。

 

そのため、現在は妊娠をしたいと思っていなくても、
いずれしたいと思っている女性やその恋人、
あるいは夫も一緒に活動することが大切なのです。

 

子どもなんてすぐに出来るだろうと思っている人が結構多いですが、
実はそんなことはありません。

 

妊娠しやすくするには基礎体温を計測することから始めましょう。

妊活はお早めに!

妊娠するためにやっておいた方が良いこと!:毎日基礎体温を計る

妊活はお早めにといわれることには理由があります。それは年齢とともに妊娠しにくくなるからです。

 

そのため、女性の間で今話題になっています。女性にはいろいろとすることがあります。

 

仕事が忙しいですが、それだけでなく、ファッションなど沢山の趣味があります。
そのため、あまり時間がないのです。
その結果、妊娠するのが遅くなる傾向があります。

 

そういった女性が今焦りつつあるのです。
そういう焦った女性が今関心を示しています。

 

テレビでも芸能人が「妊活はお早めに」と言っているのを聞いたことがあるでしょう。

 

そういう影響もあって、妊活という言葉が世間に多く浸透してきました。

 

生活系のいろいろな雑誌でも紹介されることが多くなってきました。

 

妊活jについて漠然としたイメージはあるけど、
具体的なイメージは持っていないという人が非常に多くなっています。

 

妊活は妊娠についての知識を知らなければできません。

 

また、自分の身体のことをについても理解する必要があります。

 

妊娠は夫が協力してくれないとできません。

 

女性だけでも妊娠できると思っている人はいないでしょうが、
積極的に協力する男性も少ないです。

 

まずは女性だけでもできる基礎体温を行うといいです。

 

バナー